筋トレ

【デメリットなんてない】筋トレをするメリットや続けていく方法を解説します。

筋トレ

悩んでる人
筋トレをした方が良いって聞くけど、どんなメリットがあるんだろう?

もしやるってなっても、筋トレって大変そうで続けられるのか心配だな、、。

こんな自分でもできるんだろうか?

 

このような疑問を解決していきます

 

本記事の内容

筋トレをするメリット【デメリットなんて存在しない】

筋トレを続ける方法【続けないと成果は出ません】

 

ぼくの経験から解説していきます。

筋トレをするメリット【デメリットなんて存在しない】

筋トレにはメリットしか存在しないという話。

具体的には以下のとおり。

 

  1. 自分の行動に自信が持てる
  2. 食事に関する知識がつく
  3. 生産性が上がる
  4. 物事を前向きに考えられるようになる
  5. ストレス解消

これ以外にもたくさんあるのですが、実際にぼくが体験して感じられたものを紹介していきたいと思います。

 

その1:自分の行動に自信が持てる

自分の行動や発言に自信が持てるようになります。

 

筋トレをする前の僕は太っていたので、何をやるにも自信がなく、オドオドしているようなタイプの人間だったのですが、筋トレをはじめてから行動や発言に自信が持てるようになりました。

理由としては、自分のことが好きになれたからです。

 

具体的には、筋トレを続けて3ヶ月くらいたったころから少しずつ体に筋肉がついてきて変わっていきました。このあたりから鏡を見るのも好きになりましたね笑

「これだけの重量を持てているんだからできないことはないだろ」みたいな変な自信もつきます。こんな変なかんじですが、自信がないと考え方がネガティブよりになってしまいますよね。

でも、自分に自信が持てないよりも全然マシですよ。

 

その2:食事に関する知識がつく

食事に関する知識がつきます。

なぜなら、食事と筋トレは切り離せないから。

 

筋トレする理由は目指すものが違うので人によって変わってきますよね。

例えばこんなかんじです。

太っているからとりあえずダイエットしよう。

ガリガリだから筋肉をつけてカッコよくなりたいな。

筋肉はあまりつけたくないけど引き締まった体にしたい。

 

筋トレをすれば近づくことはできますが、目指すにはこんな考え方になると思います。

 

ダイエットをする➡︎カロリーを気にする➡︎カロリーが少ないものがわかるようになる。

筋肉をつける➡︎たんぱく質をとるようにする➡︎たんぱく質が多いものがわかるようになる。

体を引き締めたい➡︎食事のバランスを気にする➡︎野菜などビタミンの知識がつく。

 

このように、目的にあった食べ物に関する知識がついていきます。

あと、体感してみないと分からない部分ですが、筋トレをすると無意識にたんぱく質やカロリーを気にしてしまいますよ。

普段食べているものを見直す良いきっかけにもなりますね。

 

その3:生産性が上がる

生産性が上がります。

というか集中力が上がったので、いろんなことができるようになったというのが正しいかもです。筋トレをしていると頭にも血液がたくさんめぐってくるので、眠くなりにくい。

以前のぼくは仕事中にぼーっとしてしまうことが良くありましたが、今ではそんなこともなく集中して仕事ができているので、ミスも減ったので楽しくできていますね。

 

その4:物事を前向きに考えられるようになる

考え方が前向きになります。

なんであんなにネガティブだったのかと思うくらいポジティブ人間になりますよ。

理由としては、小さな成功体験が増えていくから。

 

すこし前にも書きましたが、筋トレをしていくと仕事のミスが減ったり、自分に自信がついたりと良いことしかありません。

ミスが減っていけば人から褒められることが増えていきます。

褒められて嬉しくない人はいませんよね?こうなると止められません。

 

筋トレする➡︎ミスが減る➡︎褒められる➡︎仕事が楽しくなってさらに頑張る

 

こんなかんじでポジティブ思考がループしていきます。

ネガティブに考えている暇なんてありませんね。仕事がだるいなぁとか考えることもなくなりますよ。

 

その5:ストレス解消

ストレス解消になります。

 

これには科学的な根拠があって運動しているとセロトニンというホルモンが分泌されるから。

このホルモンは別名「幸せホルモン」と呼ばれていて気分をスッキリさせてくれるたり落ち着かせてくれる効果があります。

それに筋トレ中は余計なことを考えることがないので、嫌なこともすぐに忘れてしまいますよ。

 

筋トレを続ける方法【続けないと成果は出ません】

外国人

筋トレをやっていても続かないことが多いです。それではいつまでたっても成果は出ません。

なので、続ける方法をご紹介したいと思います。

ぼくが実際にやって効果があったのはこの3つ。

 

  • 友達と一緒にやる
  • ジムに入会する
  • 習慣化させる

 

友達と一緒にやる

友達だけに限らずに、周りの人を巻き込んで筋トレをするのがおすすめ。

みんなでやるとそれだけ知識がつくし、教えてあげることでアウトプットもできてしまうので効率が良いです。

あと、ライバル意識とかも出てくるので続けやすい。

 

1人でコツコツと続けるのも良いですが、同じ趣味を持っていると筋トレが楽しくなりますよ。

 

ジムに入会する

ジムに入会するのもありです。

設備がしっかりしているので行くだけでモチベーションが上がります。

あと、お金を払っているから続けないという考え方もありますね。

 

お金に余裕のある人ではない限り無駄なお金はなるべく払いたくないです。

続けられないなら自分をすこし追い詰めましょう。そこまでしてでも、筋トレはやる価値があるものですよ。

 

習慣化させる

筋トレを習慣化させましょう。

ぶっちゃけこれが最強です。

1週間で筋トレをやる日を決めてそれを繰り返していくだけ。

例えば、こんな感じ。

 

月曜日火曜日水曜日木曜日金曜日土曜日日曜日
肩トレ胸トレ腹筋足トレ腕トレ背中トレ休み

かなりざっくりと書きました笑

簡単そうにいっていますが、慣れるまでが大変ですよ。

習慣化されるまでは3ヶ月くらいはかかると思いますが、そこまでくると朝に歯磨きをするのと同じような感じで筋トレをしないと変に感じるようになっていきます。

 

こうなると最強で筋トレがやめられなくなりますよ。

 

まとめ:あとは行動あるのみです。

ランニング

筋トレのメリットをまとめます。

 

自分の行動に自信が持てる

食事に関する知識がつく

生産性が上がる

物事を前向きに考えられるようになる

ストレス解消

 

こんな感じ。

筋トレにデメリットは存在しません。

ただすぐに効果がでるものではないので、継続していくことが大事。

 

継続してやっていくためのポイントはこちら

 

友達と一緒にやる➡︎1人でやるよりも効率が良い

ジムに入会する➡︎モチベーションアップ

習慣化させる➡︎歯磨きと同じくらいまで生活のなかに取り込む。ぶっちゃけ最強。

 

というわけで、今回は以上ですが、自分で行動しなければ意味がありません。

これを閉じたら、明日からでも行動に移してみてください。

 

さいごに僕が筋トレを始めるきっかけになった本を1つ紹介します。

 

マジで筋トレがすべてだという本。これ一冊読んでおけば問題ないです。

 

-筋トレ

© 2021 tatsublog Powered by AFFINGER5